蛇谷ヶ峰

蛇谷ヶ峰遠望滋賀

琵琶湖の西岸を沿うように南北へと延びる比良山系のほぼ北端、奥比良エリアに位置する山。標高こそ1000メートルには満たないものの、周辺をびわ湖バレイや箱館山などのスキー場に囲まれているだけあって、その標高以上に充分な雪の量を感じることができる。

場所:
滋賀県高島市朽木
標高:
901.7m
コース:
朽木いきものふれあいの里 - 蛇谷ヶ峰 - 朽木いきものふれあいの里(与市谷経由)
標高差:
約600m
地図:

「朽木いきものふれあいの里」

「朽木いきものふれあいの里」から見た蛇谷ヶ峰蛇谷ヶ峰への登山は、「朽木いきものふれあいの里」より開始する。マイカーならば、すぐ隣にある駐車場に停められる。この周辺からは、蛇谷ヶ峰がよく見える。
ここ「朽木いきものふれあいの里」ではいろんなイベントを開催していて、蛇谷ヶ峰登山などもやっているようなので、そこに参加するというのもありかも。

「朽木いきものふれあいの里」~ 蛇谷ヶ峰山頂

蛇谷ヶ峰標高813m「朽木いきものふれあいの里」を出て目の前の林道を進む。林道を15分ほど行くと、左手に登山道へと入る道があって、ここからは本格的な登りが始まる。
じわりじわりと増えていく足元の雪を感じながら登ること約1時間、カツラ谷との分岐に出る。右に行くと、ちょっと遠回りになるが、カツラ谷を経由して「朽木いきものふれあいの里」に戻れる。カツラ谷のルートは、夏であれば涼しくてとても気持ちがいい。
カツラ谷との分岐を左に進んで10分ほど、さわらび草原との分岐に出る。ここから右にさらに5分ほど行けば、蛇谷ヶ峰山頂に着く。
帰りは、また来た道を戻る。

登山道はきれいに整備されていて、ところどころ標識も立っている。さらに休日であれば、武奈ヶ岳ほどではないにしろ、そこそこの人が入っているので、たいがいトレースが付いている。まあ迷うようなことはないと思う。またコース上、滑落や雪崩のような危険個所も特になく、アイゼン、ピッケルはまず不要。それよりもストックがあった方が歩きやすい。
降雪の状態にもよるだろうが、雪は標高600mを超えるあたりからだんだんと増え始め、多いところで膝下くらいだと思う。

蛇谷ヶ峰山頂

蛇谷ヶ峰山頂蛇谷ヶ峰山頂は視界を遮るものがなく、展望は360度。東には高島市街とその向こうに広がる琵琶湖、そして南に延びる比良山系からずらーっと、丹波山地、北陸方面へと連なる山々に囲まれているのが分かる。
天候に恵まれれば、真っ白い雪に覆われた白山も遠く望むことができる。

この日は、残念ながら天気がすっきりとしない。琵琶湖、空、山、すべてが鉛色。。。
ここから登山口までは、1時間程度。

くつき温泉てんくう

くつき温泉てんくう「朽木いきものふれあいの里」より車で5分(徒歩で15分)のところにある日帰り入浴施設。
お湯はアルカリ性単純温泉で、肌がとってもすべすべになる。今回のコースで行くとだいたい3時間程度しかかからないので、のんびりと風呂にでも浸かってから帰ることをおすすめ。
入浴料は700円。

ちなみにここは宿泊もやっているようで移動なしにそのまま山に上がっていけるのは登山ベースとして最適かと。
も少し情報を知りたい方はこちらからどうぞ⇒「グリーンパーク想い出の森

「くつき温泉てんくう」から朽木学校前までは、シャトルバスで送迎してくれる。そこからは路線バスでJR湖西線の安曇川駅まで出られるので、マイカーはやめて電車とバスを乗り継いで、蛇谷ヶ峰登山して風呂に入るという選択もできる。ゆっくりと風呂に浸かったあと、ビールをキューッ!っといくのも悪くない。でも、身軽な夏ならともかく、装備が増える冬にはちょっときついか。

【蛇谷ヶ峰周辺の山】

武奈ヶ岳
琵琶湖の西岸、比良山系の最高峰。 場所:滋賀県大津市 標高:1214.4m 歩行時間:約4時間 行程:日帰り 難易度:初心者向き 体力:一般向き
赤坂山・三国山
琵琶湖の北、福井県と滋賀県の境にある山。 場所: 滋賀県高島市/福井県三方郡美浜町 標高:赤坂山 823.8m/三国山 876.3m 歩行時間:約4時間30分 行程:日帰り 難易度:初心者向き 体力:一般向き