登山道具について

霧氷

雪山を登るためには、それなりの装備が必要になります。ただ、雪山登山と一口に言っても、目指す山や季節、その人の登山スタイルなどによって装備も変わってきます。ここいら辺の話を掘り下げていくだけでも一冊の本が出来上がってしまうでしょう。そもそも、自分自身そんなに語れるほどいろいろと試しているという訳でもないので、細かい話や技術云々については専門書に任せるとしましょう。
ここでは雪山の道具について、ちょっとだけ紹介しておきます。

スポンサーリンク

ピッケル

縦走用の場合、主に雪面を歩く際バランスを取るための杖として使うのと、転倒した際に雪面に打ち込んで滑落を停めるための道具である。そのため、シャフトが真っすぐで長めのものを選ぶのが一般的。逆にアイス用の場合には、氷に打ち込みやすいようシャフトが短く曲がっているものが多い。

アイゼン

滑りやすい雪面を滑らないよう歩くことのできる道具。こちらもアイス用と縦走用の違いがありアイス用は前爪を氷に打ち込み易いように特化している。雪山縦走用としては12本爪のものが一般的で登山靴との相性もあるがワンタッチ式の方が装着が多少は楽。

登山靴

主にプラスチック製と革製のものがある。雪の中を長時間歩くことになるので、とにかく足に合うものを。

スパッツ

地味な存在だが、こいつも必需品。膝下までくるロングスパッツでないと、雪の浸入は防げない。足首だけでなく靴全体を覆うタイプもある。

ストック

雪原を歩くときピッケルの場合だと長さが足らず、しかも雪が締まっていないとスカスカで杖としては役に立たない。雪原メインならば、ピッケルよりもむしろこちらの方が使いやすい。長さの調節はできるし、最悪畳んでザックに括っておいてもよい。

ワカン & スノーシュー

必需品と言う訳ではないが、雪の状態によってはワカンを付けているのと付けていないのとでは大違い。スノーシューはワカンの進化版でより歩きやすいように出来ている。ただしワカンに比べると大きく、値段も高い。


GPS端末

GPS端末についてはこちらをどうぞ。

GPSを持ち歩こう
最近の登山では見かけることも多くなってきたGPS端末、その種類や特徴などを簡単にご説明しています。