氷ノ山

冬の氷ノ山 兵庫

兵庫県と鳥取県との県境にあり須賀ノ山とも呼ばれる。標高は1510mで兵庫県の最高峰。豪雪地帯に位置しているため周辺にはスキー場が点在し、スキー場からのリフト利用も可能である。
・日本二百名山 (「深田クラブ」選定)
・関西百名山 (「山と渓谷社」選定)

場所:
鳥取県八頭郡若桜町/兵庫県養父市
標高:
氷ノ山(須賀ノ山) 1509.8m
コース:
わかさ氷ノ山スキー場 - 三ノ丸 - 氷ノ山 - 氷ノ山越 - 響の森 - わかさ氷ノ山スキー場
標高差:
約700m (登りは約350m)
地図:

わかさ氷ノ山スキー場 ~ 三ノ丸 ~ 氷ノ山山頂

わかさ氷ノ山スキー場今回は鳥取県側にある『わかさ氷ノ山スキー場』より入山。
駐車料金は無料。ただしゲレンデ直近の駐車場は有料。今回のコースのように周回するのであれば、車はどこに停めても歩行距離のトータルは変わらないので迷わず無料スペースに駐車。

リフトトップスキー場のリフトを2本(250円×2)乗り継いでリフトトップへ移動。

三ノ丸コースまずは三ノ丸に向かって尾根を登って行く。

三ノ丸コースその2しばらく登って行くと、だんだんと傾斜が緩くなって視界が開けてくる。以降氷ノ山山頂まで概ねこんな感じ。

三ノ丸休憩所三ノ丸休憩所を通過。左奥に氷ノ山山頂が見える。

三ノ丸避難小屋三ノ丸避難小屋。
いやいや風強し。まあその代わりにきれいな風紋が見られるという訳だが。

氷ノ山三ノ丸山頂三ノ丸山頂に到着。標識には1464mとある。
正面に見えるのが氷ノ山山頂。

氷ノ山山頂の手前さらに進んでいよいよ氷ノ山山頂に到着。
リフトトップより約1時間30分。

氷ノ山山頂 ~ 氷ノ山越 ~ わかさ氷ノ山スキー場

氷ノ山山頂氷ノ山山頂に建つ避難小屋。その奥には鉢伏山が見える。

三ノ丸方面歩いてきた三ノ丸方面。

氷ノ山越方面小屋左側にある階段を進んで氷ノ山越に向かう。進行方向の目立つ山が赤倉山でその鞍部が氷ノ山越。ここから先これまでの雪原から比べると大分ルートが細くなるので注意が必要。

コシキ岩降り初めてすぐコシキ岩っつうでっかい岩がルートを邪魔しているので、兵庫県側に迂回しながら慎重に通過。
通過後のコシキ岩。

鉢伏山氷ノ山山頂から氷ノ山越までの間、ぽつぽつ雪庇があるようです。

氷ノ山越避難小屋氷ノ山越避難小屋に到着。入山する人の多さ、天候の急変ということを現しているのか、このルートは避難小屋が多いな。

氷ノ山越の分岐氷ノ山越の分岐。ここから鳥取県側に降りて行く。

氷ノ越コース氷ノ越コース。このルートはあまり人が入らないのか、分岐からいきなりトレースなし。おかげでかなり雪が深い。
ルートが不明なので通っているルートはかなり適当。

わかさ氷ノ山キャンプ場とにかく適当ながらも『わかさ氷ノ山キャンプ場』まで出た。

響の森『響の森』に到着。あとは道路を歩いて車まで戻るのみ。
氷ノ山山頂からわかさ氷ノ山スキー場まで約1時間30分。

 

山頂付近はとにかく真っ平らで目印らしいものは殆ど無いので、視界不良時に方向を定めるのは困難でしょう。おまけに吹きっ晒し。

【氷ノ山周辺の山】

ありません。